PROJECT MEMBER|シェアフラット築地ができるまで

私たちプロジェクトチームは、2005年から現在まで会社の垣根を超えて日本全国で不動産に関わってきました。 この間、日本の不動産事情は何度か大きく変動し、2008年のリーマンショックを契機として変革の時を迎えました。 プロジェクトチームに築地オノビルの売却情報が持ち込まれた2011年1月にシェアフラット築地プロジェクトはスタートしました。

シェアフラット築地をスタートする1年程前から、東京都心でもオフィスビルの空室問題が盛んに取上げられるようになっていました。 同じ頃、CO2の排出を制限した環境配慮型の大型施設の開業も相次いでいて、これらの動きはリンクするものと考えました。
そこで、私たちプロジェクトチームは、オフィスビルをシェアを前提とした居住用途へ転用して有効活用する「シェアフラット」プロジェクトをスタートしました。

This project was launched in January 2011 when the general producer first noticed that the building was for sale. Our project team has been involved in the real estate business all over Japan from 2005 until the present. The project team members have come from many companies.
In these past years, Japan's real estate firms have undergone several changes, overcoming the Liehman Brother's financial crisis in 2008. One year prior to launching the shareflat Tsukiji project, there was much talk about the vacant properties available for sale in the area. At the same time, several companies in the area started considering more environmentally friendly policies. It was for these two reasons that we started the shareflat project in Tsukiji.

Distance to completion|完成までの道のり

2011年12月東京メトロ築地駅 徒歩1分。「アート」をシェアする暮らしをコンセプトにシェアフラット築地グランドオープン。
アートギャラリーシェアハウス シェアフラット築地ができまるでの過程をご紹介します。

December, 2011 Tokyo Metro Tsukiji Station On foot 1 minute. the life which shares an "art" -a concept- share flat Tsukiji grand opening. art gallery share house I introduce the process in which share flat Tsukiji is come out and decided and in which it comes out.

81日目

家具レイアウト完了2011年12月14日

81日目。
全体工事はほぼ終了し、備品の搬入と組立てもほぼ終わり。予定した開業日に一部遅れが出ていたので、かなり急ピッチの作業で2晩徹夜に…募集広告の打合せやこのwebの制作も重なり、プロジェクトチームは佳境を迎えています。この文章書いているのも朝5時(笑)残すは1階エントランス部分や2階のSOHO部分のセットアップのみ!

The construction is almost complete and we have installed almost all of the equipment.We have spent two consecutive nights working without sleeping as we were behind schedule. Our project team has been so busy as we had to finish up the room advertisements and designing the website. It's now 5 am in the morning already and I am still writing this article... Anyways, the first floor entrance and the office on the second floor are still yet to beset up, but we are nearly

67日目

施主完了検査の日2011年12月1日

67日目。
什器備品の搬入も終わり、この日は施主完了検査の日。個室備品以外の全てを設置し終わっているので関係者の内覧が入ります。
チームにも少し緊張の色が・・・ギャラリーのみ備品の設置を終えているので、この日は正にオープン日。第1回目の展示アーティストの作品搬入も重なり、にぎわいました。

The equipment was brought in, and the construction job examined and confirmed complete. Other than the private room facilities, all the other facilities were successfully installed. Those concerned in the project came inside to have a look at the progress.
The team looked a bit nervous.As the gallery had been completed, we officially opened the shareflat, The works that were to be used for the first exhibition were additionally brought in, stirring excitement among us all.

27日目

パーティション工事2011年10月31日

27日目。
2~4階の基礎部分はかなり出来上がってきました。部屋を区切る壁が入った段階でようやく全体像のイメージが具現化されました。プロデューサーから「せっかくアートがテーマなんだから扉は黒板にしちゃいましょう」と提案し、森田デザイナーと南雲親方を凍りつかせていました。この時点で先に手をつけていたギャラリー部分はかなりカタチになっています。基礎部分の床や壁の配色は現地でイメージを膨らませながら決めて行く方針だったので、プロデューサーとデザイナーの現地打合せが熱を帯びてきました。

The basics were almost complete and the producer looked so proud to see the wall construction finished. He suddenly suggested that they use the black board as the door at the last minute, causing Minamikumo and Morita to panic. We were also starting to be able to picture how the construction would turn out. The gallery was near completion. At this stage, the color of the floor and the wall had not yet been decided, but the prospect of deciding these was making us all excited.

20日目

内装解体工事2011年10月24日

20日目。
「まだ工事に入ったばかりなんで・・・」という南雲親方の怪訝な顔を横目にサクサク写真を撮影した鈴木ディレクターと、その横で全体像のイメージを語る井上プロデューサー。シェアフラット築地は瓦礫が撤去された所謂「スケルトン」の状態に。ここから住居への変更はなかなかハードな工事になりそう。。

While Director Suzuki took snapshots of the room, Master Minamikumo noted that they "have just startedモ. At the same time, Producer Inoue bounced ideas for the project.
We felt that ShareFlat Tsukiji was comparable to a skeleton, completely void of any substance since it was so empty. It seemed that converting it into a residential area was going to be difficult.

10日目

足場設置2011年10月14日

10日目。
外壁に足場をかけて空調設備を設置しています。元々あった空調機器を全部撤去し、新たに19台の空調機を設置します。そういえばこの工事中は1階のキッチンカミヤマさん、たつみ寿司さんにもだいぶ迷惑かけたのに、「お互い様よ!」なんて言ってくれました。外で写真を撮影していると、結構話しかけてくる人多数。築地は都心ど真ん中にある下町なんだと実感しました。ちなみに話しかけてきたのはシェアフラット築地の斜め向かいにあるもんじゃ焼き「きくち」の女将さん。ちゃきちゃきの江戸っ子といった感じで、焼き方下手だとちょっと怒られます(笑)。この「きくち」の建物は昭和2年築!だそう。周りにはこんな感じの老舗がやたらめったらあります。

They dismantled the old air conditioners and replaced them with new ones. They caused a lot of inconveniences to the surrounding shops on the first floor due to the construction of the air conditioners, who politely forgave them for the nuisance.
Several people approached us as we took pictures outside, making me realize that this place was so full of energy and life. By the way, the woman who approached me is the owner of the nearby Monjayaki Kakuchi. I felt that she was such an Edo Girl, with a bright personality. The shop has surprisingly been running business for over sixty years now. Pretty much all of the shops in the area have that historical vibe about them.


GO! Sharemate|シェアメイトのサイトへ